足りない人手をドローンでフォロー。農業用ドローンのレンタル事業がスタート

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

59326650031ef3e7124703a07850a321_large日本経済新聞 電子版によりますと、2017年に農業ドローンのレンタル事業が開始される報じています。事業を行なうのは、産業向けドローンを研究・開発している自律制御システム研究所(ACSL)。レンタルするのは主に農薬散布用の自動操縦機能が付いたドローン「MINORI 1」。重量7.5kgで4リットルのタンクを搭載でき、10分間で0.5ヘクタールの農地へ散布できるとしています。

確かに年に数回利用する程度の機械を購入して、メンテナンスしてとなるとレンタルのほうが効率的かもしれませんね。(続きを読む)



1464