DJアグリサービス、そして「ドローン米プロジェクト」開始

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

movieim

 

[ドローン・ジャパン株式会社]

「篤農家」・「東京大学農学者」・「ドローンエンジニア」との協働による、ドローンで田畑を「見える化」するサービス。そして、お米の”作り手・伝え手・食べ手”をドローンでつなげるプロジェクト。

お米をはじめとする日本の田畑生産者の栽培の“技”を広げ、遺し、伝承するために、その栽培を「見える化」するための
ドローンを活用した「DJアグリサービス」を2017年4月より開始。
また、「ドローン米プロジェクト」は、「自然調和を心がけ栽培する日本ならではの稲作栽培を世界に広げていく」ことを目指し、農学者、ドローン&IOT技術者、そして加工・販売者とともにドローン・ジャパンが、篤農家と世界の消費者を結んでまいります。本日よりドローン米プロジェクトに共感する国内外の販売パートナー(1国1パートナー限定)を募集開始いたします。 <ドローン米プロジェクトサイト http://drone-rice.jp> (続きを読む)



70