農業、災害対策にドローン あきる野市がプロジェクトチーム

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

pk2016101302100102_size0

小型無人機ドローンを災害対策や農業、観光などに役立てようと、あきる野市は、庁内にプロジェクトチーム(PT)を発足させた。ドローン活用の指針や管理運営態勢を整え、職員の操縦研修も行う。 (村松権主麿)

PTには、防災を担当する総務、農業や観光を担う環境経済、企画政策などの部から十二人が参加。九月二十八日に一回目の会議を開き、ドローンの活用分野や、機体の所有に向けた管理・整備などの検討を始めた。災害時の状況把握や支援物資の搬送、畑への農薬散布、観光用の映像撮影などの活用を想定している。(続きを読む)



62