オリエンタルランドがイチゴの自社農園を北海道に設立 ディズニーリゾート内での提供を目指す

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

160522_1

 

オリエンタルランドは「東京ディズニーランド(R)」、「東京ディズニーシー(R)」で使用するイチゴの自社生産に向けて動き出した。2016年度からの自社生産を目指し、北海道弟子屈町にイチゴ農園を設立する。

 

北海道弟子屈町は、夏は冷涼な気候で昼夜の寒暖差が大きい。日本では希少な国産夏イチゴの生産に適している。豊富な温泉に恵まれており、温泉を活用した暖房でエネルギーコストを抑えた冬場の温室栽培もできる。自然条件に恵まれた土地でイチゴを生産し、季節にかかわらずイチゴを使ったメニューを提供することを目指す。安定稼働後は、約50トンの年間生産量が目標だ。高設ハウス栽培で、生産開始は2016年の冬を予定している。

 

0414037_01栽培のイメージ画像(画像:オリエンタルランド

 

すでに同社は14年度から千葉県袖ヶ浦市の自社農園でトマトとミニトマトを生産している。17年度からは山梨県北杜市の自社農園でトマト、ミニトマト、パプリカの生産を開始する予定だ。今後も園内で使用する野菜や果物などの自社生産を推進して、食を通じて東京ディズニーリゾートの体験価値を向上させていくという。



4896