インドネシアのグリーンレベルが植物ベースのチーズをラインナップに追加

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

インドネシアの乳製品消費量は増加傾向にあり、チーズは健康的で贅沢でプレミアムな製品との認識から、都市部の消費者の48%が定期的にチーズを購入しています。しかし、インドネシアそして東アジアの人口の最大80%が乳糖不耐症です。GreenRebelの植物ベースのチェダーチーズは、地元で持続可能な方法で調達されたカシューナッツ、ジャガイモ、米から作られています。

(続きを読む)



454