富士通、高知県、Nextremerの3者、「高知県園芸品生産予測システム」を開発

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

富士通株式会社は3日、高知県、株式会社Nextremerと共同で、農作物の生育から出荷までのデータを一元管理するとともに、AIを活用し最長3週間先の生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」を開発したと発表した。2019年1月下旬より、高知県内の生産者にて実証を開始する。
(続きを読む)



99