AIで野菜栽培、1年で300年分進歩した農業ベンチャー「プレンティ」の秘密

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどが2億ドル(約210億円)を投じる米プレンティ(Plenty)は、独自の植物工場を開発する農業スタートアップだ。既存の植物学にとらわれない発想で開発したAI(人工知能)が植物工場を制御することで、優れた風味の野菜や果物をわずかな水使用量で栽培できるという。
(続きを読む)



510