ヘルスケアから死亡確認まで、畜産業を自動化するAI

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

酪農・畜産業における人工知能のユースケースが着々と増え始めている。すでにポピュラーになりつつある使い方としては、「疫病の早期発見」や「飼育工程管理」「発情期・妊娠の早期察知」などがある。家畜に取り付けられたウェアラブル端末や、厩舎内のカメラ
(続きを読む)



653