輸出支援、地域活性へ JAバンクなど4社がパートナーシップ協定を締結

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

top_160319

 

農林中央金庫(JAバンク)をはじめとする4社が外輸出支援・地域活性化への貢献を目的にパートナーシップ協定を締結した。各社それぞれの強みを生かして、地域間の交流を促進する企画や開発を手がけていく。

 

協定を結んだのはJAバンクの他、以下3社。

ABCクッキングスタジオ-料理教室「 ABC Cooking Studio 」を全国に展開する企業。地域の食材を活用した日本食レシピなどの開発を手がける。

 

リクルートライフスタイル-旅行情報誌「じゃらん」の編集など、旅行、飲食などの商品・サービスを提供。地方行政、地域事業者との連携を進める。

 

農協観光-JA グループの旅行事業を展開する。観光施設等と連動して、農業・農村体験の企画を実現する。

 

 

JAバンクがトータルサポートを行い、「日本食文化の発信による輸出支援」、「旅行客増加による地域活性化への貢献」を目指す。

 

partner_img1(画像:プレスリリースより引用)

 

今後は以下のようなプログラムが予定されている。

 

魅力あるグリーンツーリズムの企画開発・展開

○農業体験・田舎暮らしの体験プログラムの開発(農家民宿の拡充等も含む)

○国内法人向け地域特産品の販売促進(6次産業化促進)

○震災復興支援を目指した企画・展開(上記企画の復興県域での展開)

インバウンドを軸としたモニターツアーの企画・展開

○モニターツアーの実施 等

地方創生プログラムの展開

○各自治体の地域活性課題解決に向けた連携

プレスリリースより一部を引用)

 

「食」 と「農」 をテーマに 農業・田舎暮らしの体験、採れたて野菜の料理教室などを展開していく。交流人口と消費を拡大させ、地方活性化の実現を目指す。

 

 



1514