悪臭関連が全体の53.4% 平成30年度の畜産経営苦情

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農林水産省生産局畜産部畜産振興課がこのほどまとめた平成30年度における畜産経営に起因する苦情発生状況によると、苦情発生戸数は1480戸で、前年に比べ79戸減少した。畜産統計などの飼養戸数を基にした苦情発生率は2.0%で、近年のおおむね横ばいで推移している。畜種別の苦情発生戸数は、乳用牛が407戸で苦情発生割合は27.5%(前年28.9%)、肉用牛が305戸で同20.6%(同20.1%)、豚が403戸で同27.2%(同26.2%)、採卵鶏が221戸で同14.9%(同16
(続きを読む)



166