コンビニ化する農業経営とサラリーマンファーマーとしての働き方

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

やり甲斐のある仕事が求められる中、若者の間では農業法人への就職が人気になっている。イオングループでは、農業法人イオンアグリ創造(千葉市)という子会社を2009年に設立して、農業事業に参入しているが、2015年に初めての大卒採用を行ったところ、約50名の定員に対して5,000人もの応募者が集まった。農業法人への就職が競争率100倍にもなったことは、就活市場の中でもセンセーショナルな出来事として取り上げられた。 農業法人イオンアグリ創造では、全国に21の直営農場を持ち、トウモロコシ、トマト、ナス、キュウリなど約30品目の野菜を生産している。収穫された野菜は、イオンの物流センターに納入
(続きを読む)



301