商社オラム、スマート農業を50万戸と 「農のグーグル」目指す

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

シンガポールの農産物商社大手、オラム・インターナショナルがIT(情報技術)を駆使して農業と農産物物流の“スマート化”に乗り出した。アジアやアフリカなど50万の農園からデータを集め、栽培や物流の効率を上げる。途上国の農業で批判の多い環境対策にもつなげる狙い。将来的にデータベースを軸に農業関連ビジネスのネットワーク化を進める考えだ。
(続きを読む)



862