いま改めて、ゲノム編集技術「CRISPR」のあり方を問う──研究者や農家、種子メジャー幹部が会議で激論

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner


さまざまな分野への応用が期待されているゲノム編集技術「CRISPR-Cas9」。今年8月、農場経営者や種子メジャー企業の幹部、一般市民までさまざまな立場の人が集まってこの技術の使用について議論するカンファレンスが開催された。
(続きを読む)



70