TPP強行に不安の声 北海道・宮崎で地方公聴会

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

2016102701_01_1b

 

環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案を審議する衆院特別委員会は二十六日、国民の声を聞く地方公聴会を北海道と宮崎県で開いた。出席した農家や消費者の代表たちからは、月内の衆院通過を急ぐ政府・与党への批判が相次いだ。国会の審議が不十分との声が多く、生活に直結するTPPを巡る国民の不安が解消されていない状況が浮き彫りとなった。 (矢野修平、村上一樹)(続きを読む)



440