「TPP対策」の名のもと、農業土木予算1000億円のバラマキ開始!?

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

spa_20161107_01219443_1

 

10月11日に成立した今年度の第二次補正予算(総額3兆2869億円)の中には「TPP対策」を名目として、農地を大規模化するなどの農業土木事業(土地改良事業)が入っている。「農地の更なる大区画化・汎用化の推進」(370億円)や「水田の畑地化、畑地・樹園地の高機能化等の推進」(496億円)、「畜産クラスターを後押しする草地整備の推進」(94億円)などで、合計すると約1000億円にも及ぶ。(続きを読む)

 



17