実でそば、葉でうどん/エゴマ使い高校生が商品化

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

origin_1

弘前実業高校(笹浩一郎校長)6学科の生徒たちが連携し、エゴマを使った「えごまそば」「えごまうどん」を開発した。そばとうどんはセットで販売。短命県返上に向けたヘルシーな商品に仕上がった。15、16の両日、津軽の食と産業まつり(会場・青森県弘前市克雪トレーニングセンター)で販売するほか、29、30日に同校文化祭でも販売する。(続きを読む)



241