いちごECO、笠岡市の農業用ため池で2.6MWのメガソーラー

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

1007ichigo

岡山県笠岡市は9月27日、同市の所有する農業用ため池の水面でメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置して売電事業を行う事業者を内定したと発表した。プロポーザル方式で公募し、2社の応募者の中から、いちごECOエナジー(東京都千代田区)に決まった。

設置するのは笠岡市山口1438番にある農業用ため池の岩野池。満水面積で5万2000m2、そのうち2万3757m2の水面に太陽光パネルを設置する予定という。水面の利用料は1m2当たり年間100円となる。着工時期は未定。



70