クボタが全国13ヶ所に農業法人を設立 米生産を開始

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

top151222

 

クボタは新潟、兵庫、北海道など全国13カ所に農業法人を設立する。2019年までに順次設立して、輸出用の米をメインに生産していく。8月にはクボタが25%出資した「NKファーム新潟」を設立した。

 

 

3,200トンの米を輸出

 

2016年の1月には兵庫で農業法人を作る予定。長年、農機を手がけてきた同社が培ってきたITのノウハウを活かして、効率のいい米生産を目指す。今年の1月にはJA全農と共同で香港とシンガポールに米を輸出する計画を発表した。約3,200トンの輸出を目標にしている。

 

農業法人を設立する場所は新潟、兵庫、北海道、岩手、宮城、石川、群馬、埼玉、三重、岡山、香川、福岡、鹿児島の13カ所。地元の農業法人や食品会社、農業ファンドとともに出資をする。今後は米の生産に直接関わり輸出量を増やしたい意向だ。

 

大手小売りをはじめ、多くの企業が農業生産に進出する時代。アグリフードの以前の記事でも紹介したけれど、クボタは約100億円を投資して農家への総合サービス拠点を設置している。これからも、多角的に農業に参入する企業は増えていきそうだ。

 

 

参考URL

コメ輸出へ農業法人設立=新潟、兵庫など13カ所、ITで効率化-クボタ-時事ドットコム



6474