能登とり貝、新物3〜5割高 スマート養殖で質向上

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

石川県能登半島で養殖した「能登とり貝」が今季初出荷され、最も大きな貝が1個1万5千円と過去最高値で落札された。海の環境変化で天然トリ貝が全国的に希少になる中、能登の漁師や研究者らはIT(情報技術)を活用し、一般的なトリ貝の2倍近い大きさに育てて生産量を伸ばしている。

(続きを読む)



1009