PwCあらた、AIを活用した「イチゴ生産のイノベーションモデル」を受託

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

PwCあらた有限責任監査法人は、栃木県より「AIいちご生産イノベーションモデル創出事業」を受託した。本事業では、新品種「とちあいか」の生育や出荷時期などをAIを用いてコントロールし、これまでの2倍の収穫量と需要期の出荷量増大を目指すシステムを向こう5年間で開発することを目標とする。

(続きを読む)



268