国産野菜、加工品向け伸びる 共働き増加で外・中食需要

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

離農者の増加などで野菜全体の生産量が落ち込むなか、キャベツやコマツナなど一部の種類では伸びが目立つ。共働き世帯が増え、外食や中食向けによく使う野菜の需要が伸びる。農家の高齢化で、軽くて運びやすい野菜
(続きを読む)



107