収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農研機構は、宮崎県や熊本県らとともに、加工・業務用ホウレンソウの機械収獲体系を構築。従来と比べて、収穫作業時間を1/5~1/10に短縮し、さらに生産コストも削減したという。
(続きを読む)



1245