徳之島発、自然と共生するオーガニックコーヒー農園プロジェクト

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

かつて、コーヒー農園といえばそれはすなわちプランテーション農園のことを指していた。広大な土地を開拓し、そこに特定の植物だけを育てる。同一品目の大量生産が目的だから、農園には雑草ひとつあってはならない。農業とは、じつは「自然破壊の元祖」とも言える行為である。植物学者でもあった昭和天皇は「雑草という名の草はない」という言葉
(続きを読む)



426