トレーニングファーム拡充へ 白石町にイチゴ、鹿島市にトマト

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農業の担い手確保、育成に向け、佐賀県は新規就農者の研修拠点「トレーニングファーム」を拡充する。既に研修が始まっている2地区に加え、新たに白石町にイチゴ、鹿島市にトマトの研修施設を整備するため、2018年度一般会計当初予算案に1億9576万円を計上する。地域主体の担い手育成システムを構築し、産地の維持、活性化を図る。 トレーニングファームは、農業で独立を志す人に栽培技術の習得から就農まで切れ目なく支援する取り組み。県が全額出資して施設を整備し、JAや地元生産部会などが指導する。
(続きを読む)



365