農業と福祉 連携へ一歩 互いのニーズカバー

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

20161012_nofuku

高齢化が進み耕作放棄地が増える農業と、働く場を求める障害者をつなぐため、県は5日、初の「農福連携研修会」を県民文化会館で開催。県内の福祉施設職員ら約30人が参加した。

日本基金でノウフクプロジェクトを担当する林正剛さんが、農業、障害者を取り巻く状況を紹介。事例紹介では、和歌山市のはぐるま共同作業所、和の杜(もり)が農家から委託を受け、みかん、桃をジャムやクッキーに加工していることを取り上げた。(続きを読む)



66