営農型メガソーラーで初の「プロファイ」、耕作放棄地を再生

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

千葉県匝瑳(そうさ)市飯塚の開畑地区が、日本有数のソーラーシェアリング(営農型太陽光発電所)の集積地になりつつある。同地区には、緩やかな斜面に広大な畑作地が広がる。だが、後継者不足もあり、約4分の1が耕作放棄地となっている。雑草が生い茂ったり、廃棄物を不法投棄されたりした土地もあり、深刻な問題になっている。
(続きを読む)



80