シイタケ栽培『データ化』、富士ソフト企画 新農業モデル構築、福島県西会津

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

origin_1-1

情報技術(IT)を取り入れた農業振興などに向け、IT事業や就労支援などを手掛ける富士ソフト企画(神奈川県鎌倉市)はシイタケ栽培の盛んな西会津町新郷に会津営業所を開設した。新たな農業モデルの構築で生産力の向上や就労支援の充実などが期待される。

同社は、「全国キノコ食味&形のコンテスト菌床シイタケの部」で2年連続の最優秀賞に輝いた西高産業(西会津町)からシイタケ栽培の事業を譲り受け、農業分野に新規参入した。

これまで農家の経験に委ねられていた、ハウス内の温度管理や湿度管理などの部分を中心にITシステムを開発。繊細さが求められるシイタケ栽培で「データ化」を図り、安定的に高品質のシイタケを生産する。(続きを読む)



292