<台風で野菜高騰>長雨で高値続く…品質低下も 今後も流通量減か

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

origin_1-1

相次ぐ台風の上陸や長雨により全国的な日照不足に見舞われた9月。影響を大きく受けているのが農作物だ。収穫量が大きく落ち込み、価格は高騰。スーパーに並ぶ高値の野菜に消費者は手を伸ばすのをためらっている。10月に入っても天気は安定せず、再び台風が列島に接近している。関係者は秋晴れが続くことを願っている。

特産の深谷ねぎをはじめ、多くの野菜を生産している埼玉県深谷市。JAふかや営農経済部販売課によると、ネギ、キュウリの出荷量は現在、例年の半分程度。ブロッコリーやキャベツについては定植が遅れている。野菜担当の飯塚健一さんは「(雨などによる)野菜の病気が止められないと、今後の出荷にも影響が出るのでは」と危惧する。(続きを読む)



1738