キャベツ収穫機でハクサイを効率的に収穫 農研機構が新型アタッチメントを開発

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

top_160324

 

高能率キャベツ収穫機に簡単取り付けられるハクサイ刈取アタッチメントを農研機構が開発した。ヤンマーと共同で開発したアタッチメントは、来年度以降の市販化を予定している。

 

これまで、ハクサイの収穫は手作業による収穫作業が一般的だった。一方、キャベツの収穫では高能率キャベツ収穫機が市販されていて、効率化が進んでいた。キャベツ用の収穫機では、刈取部の前端でハクサイが倒れてしまうことがあり、そのままの流用が難しかった。

 

iam27-20-1

iam27-20-2

(画像:農研機構

 

開発したアタッチメントはキャベツ収穫機の刈取部にボルトで止められる。収穫機の構造を変えることなく着脱できる。アタッチメント前端の取り込み部幅はネジにより調節可能で、ハクサイの大きさに合わせた挟持と搬送が可能。アタッチメントを装着した場合のハクサイ搬送率は99%。

 

アタッチメントの開発により、大型コンテナを利用した出荷経費、労働力の削減につながると期待されている。

 

 



922