全国の農村地域でナノ水力発電の導入へ 研究開発を官民共同で開始

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

協和コンサルタンツ、東プレ、リコーの3社は、農林水産省官民連携新技術開発事業により、ナノ水力発電開発組合を設立。農研機構と共同契約を締結し、全国の農村地域でナノ水力発電の導入促進を図るとともに、農山漁村エネルギーマネジメントシステム(VEMS)の早期実現に向けたナノ水力発電装置の研究開発を始めた。

(続きを読む)



700