Planetaryは、食品スタートアップがより多くのフェイクミートを作られるよう支援したいと考えている

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

スイスのジュネーブに拠点を置くフードテック企業のPlanetaryは、新たに800万ドルの資金を投入し、生産施設を建設して、発酵技術を活用する顧客が代替タンパク質を迅速に製造・拡大できるようにしている。代替タンパク質は、新興企業とベンチャーキャピタルの両方を惹きつける分野である。Planetaryは、主にバイオマスや精密な発酵技術を使って、肉や乳製品の代替品を作る発酵企業と連携している。Good Food Instituteによると、この分野の資金調達額は2020年の6億ドルから2021年には17億ドルに増加すると報告している。

(続きを読む)



490