個人農家向け栽培管理アプリ「アグリハブ」がJA全農「Z-GIS」向けサービス開始

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

個人農家向け農作業管理アプリ「アグリハブ」の開発を行うAgrihub(アグリハブ)は、JA全農の営農管理システム「Z-GIS」(ゼット・ジーアイエス)へ向けたサービスを開始した。アグリハブに登録している農家の圃場情報がZ-GISの電子地図上で可視化可能となり、これまで分散管理されていた情報を、圃場情報をもとに一元化できる。

(続きを読む)



100