なぜ農業? 自動運転の異端児エヌビディアの妙計

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

2018年9月13日、自動運転の異端児・エヌビディアのジェンスン・ファンCEOは、日本のヤマハ発動機と「農業」などの分野で協業することを明らかにした。自動運転の世界では強力なライバルが激しいつば迫り合いを展開する中で、今なぜエヌビディアだけが「都市モビリティ」という主戦場ではない、「農業」の分野にコミットするのか。
(続きを読む)



775