「下水道」から大地の恵み 国交省 汚泥を肥料化、農産物ブランドに本腰

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

真っ赤に色づいたトマト。下水道由来の肥料により収量と食味がともに期待できる=長崎市(国土交通省提供)

国土交通省が今年度、農産物のブランド化に本腰を入れている。「国交省が農産物?」と首をひねりたくなるが、実は所管する下水道から生み出された肥料で野菜などを育てているのだ。とかく不衛生なイメージもつきまとう下水道に親しみを持ってもらうことで新たなビジネスとして普及させるほか、ひいては日本の食糧安全保障にも寄与する可能性があると期待されているという。

(続きを読む)



115