TPP強行採決を巡る山本農相の発言に高知県内の野党が反発

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

高知県への影響も懸念される環太平洋連携協定(TPP)承認案の強行採決を示唆するような山本有二農相(衆院・高知2区)の発言に対し、高知県内の野党関係者も10月19日、「巨大与党の緩み、おごりだ」と一斉に反発した。同様に「強行採決」発言で自民党の福井照氏(比例四国)が特別委員会の理事を辞任したばかりで、野党勢は「県民に対する背信行為」と批判を強めた。(続きを読む)



444