台風16号の農業被害43億円 流失の磯脇橋、27日仮設橋開通

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

mig

 

台風16号による鹿児島県内の農業被害が少なくとも43億7000万円に上ることが26日、県のまとめで分かった。このうち水田や畑地などの耕地被害は約550カ所で21億円に及び、被害額はさらに拡大する見通し。流失した垂水市牛根麓の磯脇橋の仮設橋は27日午前7時に開通予定で、寸断された国道220号がつながる見通しとなった。
県農政課によると、耕地被害は大隅と南薩地域が中心。内訳は、のり面崩壊や河川の増水などによる水田、畑地への土砂流入が計380カ所で13億円。農道、水路の崩壊などが170カ所で8億円だった。 (続きを読む)

 



22