農業法人の設立を後押しする協議会が誕生 農水省が支援

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

top_160213

 

農林水産省が、法人化を目指す農家や農業法人の設立を目指す企業を支援すると、日本経済新聞が報じた。税理士や商工会議所などが加わる協議会を都道府県ごとに設けて、設立に必要な会計や税制の手続きをレクチャーする。

 

政府は7年後の2023年に農業法人の数を5万件(現在の約3倍)増やす目標を掲げている。協議会を設けることで、法人設立を後押ししていく。

 

16年に設立する協議会の概要は以下のとおり。

 

・協力者

公認会計士、中小企業診断士、地域の金融機関、地域農協、食品関係企業など。

 

・具体的な活動

法人化を考える農家に会計や税制、社会保険などについて説明するセミナーの開催。

農業への参入を目指す企業に金融機関や食品会社を紹介。

 

 

 

参考URL

農水省、農業法人設立を後押し 税理士・経済界と協議会-日本経済新聞



1664