農業革命のために変えるべき「7割のコスト」とは

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

地方・宮崎で事業をやっていく中で実感した、農業が衰退していく一番の大きな原因は「食材の原価構造」による農家の収益の低さだ。特に、九州の野菜を東京で購入する際の食材コストの7割は流通コストである。野菜そのものの原価が3割で残りの7割が流通コス
(続きを読む)



410