地球温暖化:穀物生産鈍化 農研機構が試算、食糧危機の恐れ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

地球温暖化が今のペースのまま進めば、先進国の農業技術を途上国に移転したとしても、世界全体の穀物収穫量は今後伸び悩むとの試算を、農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)などがまとめた。人口増加に伴う食糧需要の伸びに生産が追いつかず、世界規模の食糧危機を招く恐れがあるとしている。
(続きを読む)



164