牛80頭を完全自動搾乳、ロータリー型ロボットはドイツ製

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

オリオン機械(長野県須坂市、太田哲郎社長)は8日、独GEA製のロータリー型搾乳ロボットの輸入販売を始めると発表した。回転台に最大80頭の牛を載せて完全自動で搾る。300頭以上の牛を扱う大規模酪農家向
(続きを読む)



213