太陽光で作動する土壌計測システム、農業分野でのIoTを実現

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

1014inotec1

イノテック(横浜市)とネクステック(札幌市)、岩崎(札幌市)の3社は10月12日、太陽光発電で電力を賄う無線LAN装置と土壌センサーを組み合わせ、外部電源不要の土壌計測システムを構築し、実証実験を始めたと発表した。

岩崎の持つ北海道・当別フィールドに、ネクステックの無線LANアクセスポイント兼中継器「ポジモ」と、イノテックが国内販売する土壌センサー「EDYN」を設置した。太陽電池を装備しており、外部電源を使用せずに、容易に土壌データを収集できるという。(続きを読む)



332