政府 特区利用で農業分野に外国人材検討へ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

k10010718171_1610050612_1610050618_01_03

政府は、秋田県大潟村から国家戦略特区を利用して、農業分野の人手不足の解消に向け外国人材を受け入れたいという提案があったことから、従来の受け入れ要件も加味しながら、今後、検討を本格化させることにしています。

地域を限って大胆な規制緩和を行う政府の国家戦略特区をめぐり、4日の諮問会議で、秋田県大潟村の高橋村長は、深刻化する農業分野の人手不足の解消に向けて、専門技術を持つ外国人を受け入れたいと提案しました。また、秋田県仙北市の門脇市長は、地域に観光客を呼び込むため、ツアー旅行を企画して売り出すことができる、国家資格の旅行業務取扱管理者の取得要件を緩和するよう要請しました。(続きを読む)



240