「顔の見える流通」のための自社製粉工場

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

小麦を作る農家の集まりであるチホク会(北海道の生産者グループ)とその集荷業者の山本忠信商店(以下、愛称のヤマチュウ)は、2011年から国内では約30年振りとなる製粉工場を稼働させている。なぜ巨費を投じてまで自ら建てたのか。「顔の見える流通」という言葉が浮かび上がってきた。

(続きを読む)



179