“サラダが脇役”の時代はもう終わり。スタートアップたちが狙う「サラダ」という巨大市場

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

休日の街を歩いていると、おしゃれな字体で「salad」と書かれた看板が目に入った。興味本位でガラス越しに中の様子を伺うと、カウンター越しに色とりどりの野菜を細かく刻む店員の姿が見える。席のほとんどは、若い女性で埋まっているようだ。 ほんの少し前まで、サラダの専門店が誕生するとは夢にも思っていなかった。 サラダは、あくまでも食卓の脇役。健康や美容のためを思って、仕方なく食べるというひとも多かったのではないだろうか。それが今ではメインに昇格し、さらなる進化を遂げようとしている。 米国のサラダ市場を盛り上げるスタートアップの存在 The Atlanticによると、アメリカにおけるサラダ専門店の規模は2014年時点で300億円を突破。なかには、10%以上の割合で収益を伸ばしているお店もあるという。 このようにサラダ市場を盛り上げているのは、従来の飲食店だけにとどまらない。サラダにもスタートアップが登場してきている。 サラダスタートアップは、従来の飲食チェーンの延長ではなく、消費者のライフスタイルにより密着し、食材の品質や産地はもちろん、より手軽に野菜を採れる仕組みを重要視する。 店舗から自動サラダマシンまで。幅広いサラダスタートアップ アメリカのアリゾナ州で展開されている『Salad & Go(サラダ・アンド・ゴー)』は、ドライブスルーでサラダを注文することができる新業態のサラダ専門店だ。同店は、それまでジャンクフードのイメージが強かったドライブスルーの見方を大きく変えた。 特徴は、価格帯が他のサラダ専門店と比べて低いところ。メニュー1つで15$(約1,600円)を超える価格帯の店舗が多いなか、Salad & Goでは10ドル(約1,000円)を切る値段で商品を提供している。サラダ市場における、早い・安い・便利の三拍子の加速を後押しするサービスの代表格と言っても過言ではない。 LAとその周辺地域に7店舗を構える『Everytable(エブリーテーブル)』は、お店が位置する地域によってメニューの値段が変わるサラダ専門店。同店は、LA近郊でヘルシーな料理を手軽に食べられるお店が少ない地域を、独自に“food desert”と名付けている。このエリア内で展開している店舗では、エリア外の店舗よりも安い値段で商品を提供しているという。
(続きを読む)



278