ヤマハ、農業用無人ヘリに農薬32L搭載可能な新モデル「FAZER R」

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

yamaha02_588x

ヤマハ発動機は10月11日、農業用の無人ヘリコプター「FAZER」を改良した「FAZER R」を発表した。11月から発売する。

搭載するガソリンエンジン(水平対向2気筒390cc)の圧縮比アップ・排気管径拡大により出力向上(19.1kWから20.6kW)、JAXAの技術指導を踏まえて3D翼形状テールローターに設計し直すなどの改良が施されている。従来機FAZERでは最大24Lだった農薬散布タンクは最大32Lも用意されたほか、総務省の周波数割当表改正にいちはやく対応して操縦用無線波を10波に拡大(現行は7波)。(続きを読む)



403