但馬農業高に新牛舎 28頭が“引っ越し”

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

d_09559971

但馬牛を飼育し、高級肉牛などとして出荷している但馬農業高校(兵庫県養父市八鹿町高柳)が、35年ぶりに肥育用牛舎を新築した。畜産科の生徒たちが6日、但馬牛28頭を明るく、風通しがよくなった新しい住まいに“引っ越し”させた。

同校には1980、81年に繁殖用と肥育用の牛舎が1棟ずつ建てられたが、いずれも老朽化しているため、建て替えが進められている。肥育用牛舎は約590平方メートルで、従来より約250平方メートル広く、天井も高くなった。収容頭数は6頭増え32頭となる。(続きを読む)



294