「赤福」社員が稲刈り体験 原料の北海道・名寄産もち米

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

origin_1-1

【名寄】名寄産もち米を原料に使う企業の合同研修が市内で行われ、伊勢銘菓「赤福」など3社の社員3人が、稲刈り体験や貯蔵施設見学などを通じ、生産地の取り組みを肌で感じた。

市グリーンツーリズム推進協議会(神田勇一郎会長)の主催で、農業体験などを通じてもち米生産地への理解を深めてもらおうと、2013年から毎年実施。今年は9月27~30日の日程で、赤福(三重県伊勢市)、群馬製粉(群馬県渋川市)、前原製粉(兵庫県姫路市)の社員が参加した。(続きを読む)



1815