AI農業 普及させたい「熟練の技」

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

熟練農家のノウハウをIT技術によってデータ化する事業が九州で進んでいる。

 

agur1206190601

 

AI(アグリインフォマティクス=農業情報科学)農業と呼ばれ、ベテラン農家の経験や勘に基づく「匠(たくみ)の技」を、情報通信技術を使って可視化し、一般農業者や新規就農者に継承しようという試みだ。既に福岡県や宮崎県で実証事業が行われている。日本農業は就農人口の減少や高齢化で、優れた農業技術が継承の危機にある。再生策の一つとして期待したい。

(続きを読む)



42