被災農地有効活用 耐塩性あるバラ生産へ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

20160922-00000021-khks-000-1-view東日本大震災で被災した農家らでつくる宮城県名取市閖上地区の農事組合法人「小塚原ファームランド」(引地長一代表)が、耐塩性のあるバラ「刺梨(ツーリー)」の生産を始め、実を使ったお茶の販売に乗り出した。ノウハウは、ツーリーの生産と商品化に成功した同市の宮城農高が提供。続きを読む



69