世界のフードインフラへ。植物工場で農業の未来を拓く

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

太陽の光も、土も、農薬も必要とせずに育つレタスが、いま世界の注目を浴びている。作っているのは京都の農業スタートアップである「スプレッド」。植物工場によって、いつでもどこでも野菜が作れる最先端生産システムを広めている。 同社が目指すのは「京都発・世界のフードインフラ」。京都から世界を見据えた、農業スタートアップの軌跡を追った。
(続きを読む)



598